ミニチュアに作り変える

思い出の幼稚園の制服をミニチュアに作り変える

ママに手を引かれて初めて幼稚園に通った日。少し大きめの服装に身を包んだ少し緊張した姿はなんともかわいらしくほほえましいものです。泣き虫だったわが子も、いつの間にか幼稚園に通う日々になれ、まいにち服を汚して帰ってくる姿に日々の成長を感じます。家にいたときにはママの選んだおしゃれな子供服で過ごしていたのに、みんなが同じ服装で少しずつ成長していく大切なときを過ごす場所、それが幼稚園と言う小さな社会です。わがまま一杯の赤ちゃんを卒業して、少しだけ大人への階段を上る小さな体を包む制服は、デザインがかわいらしいだけでなく動きやすく丈夫でママにとってもメンテナンスのしやすいものが望まれます。

入園式には少しぶかぶかしていた制服も、卒園する頃には比べ物にならないくらい成長した体を包む服になっています。何年も過ごした幼稚園でのさまざまな出来事が刻まれたとても思い出深い制服は、卒園した後もなかなか簡単に処分することができないと言う人が少なくありません。そんな人々から多くの支持を得ているのが制服をミニチュアに作り変えてくれるサービスです。小学校に上がったら、もう着ることはなくなりクローゼットにしまいっぱなしと言う人は多いのですが、かといって処分することもなかなかできない大切な制服を、実際のサイズの3分の一程度の大きさのミニチュアに作り変えてくれると言うものです。しかも実物に刻まれたシミやほつれ、ワッペンやボタンに至るまで、ごく細かい部分にもこだわって再現してくれるので、幼稚園に通っていた懐かしい日々を思い出しながらいつまでも手元に飾っておくことができます。細かい部分まで忠実に再現するため、同じ園の服であっても出来上がったものはひとつとして同じものはなく、どれもがオンリーワンの持ち主にとってかけがえのないものです。

世の中は効率ばかりが優先し、いらなくなった物はどんどん処分していくことが求められる時代だとも言われます。確かにもう着なくなったものに収納場所をとられることは効率的ではないのですが、大切なわが子が成長する貴重な時期を共にした制服を、何か他の形にして残したいと考えることもごく自然なことだと言えます。写真に残しておくと言う方法ももちろんいいのですが、服の質感を残し、一つ一つ丁寧に手作業によってさまざまな思い出を残せるように心をこめて作られたミニチュアの制服は、卒園記念のプレゼントとしても喜ばれます。